2012.09.21更新

事業を行っていると
様々な取引が発生します。


その取引を様々なデータ形式で持っている。


例えば


販売管理や預金ネットバンキングデータ、給与ソフト
EXCELデータ、会計システムなどです。


データ形式が違うと


そのデータを移動させるのに
時間とコストがかかります。


それが社内で起こるのか
外注先で起こるのかはそれぞれです。


できれば


データを一本の形式で統一し
時間とコストを下げたいところです。



データの最終地点として


会計データがありますので
この統一作業には税理士の協力が不可欠でしょう。


税理士の使っている会計システムにより
それが出来ない場合もあるようですから・・・


自社の業務を効率化したい場合は
税理士も巻き込んでくださいね。



中小企業の簡単にできる経理効率化は
京都の中田税理士事務所まで


0120-776-795(携帯/PHSも可)
Emailはinfo@act-dodo.comまで 

お問合せはこちらからも可能です。


お金が残る人には訳がある!
お金を残すための無料メルマガ

『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』
(毎週水曜朝7時配信)




ブログのお気に入り登録は↓↓↓
京都安心相続専門税理士 あなたの頼れるパートナー中田俊 Facebookセミナーについてはこちらで更新しています
MAIL TEL:0120-776-795
夢と業績をつなげる経営者精神とは?資料請求
無料メールマガジンはこちらから
求人情報