2012.07.31更新

消費税の増税法案が衆議院を通過し
税率5%から8%、10%が決定する見通しです。


※まだ最終決定ではありません。H24.7.31現在


消費税が増税されると
住宅(厳密には建物部分)の価格が上がります。


そうなる前に住宅駆け込み需要というニュースが
先日流れていました。


なんだかエコカーやエコポイント補助金に似ていますね(笑)


このニュースに流される前に
少し以下を読んでみてください。


仮に建物の価格が税抜き2,000万円だとすると


現状の5%であれば建物価格は2,100万円
8%で2,160万円、10%で2,200万円。


本体価格が同じなら
合計価格が上がることは間違いありません。


ただ、マイホームや不動産投資をされる場合


他にも検討すべき項目はたくさん存在します。


マイホームであれば、まずは住宅ローン控除。
買い替えであれば他にも検討すべき項目はたくさん存在します。


将来的な資産設計も考慮し
所有者や所有割合なども検討しておくべきでしょう。


これらを検討した状態で


あとは消費税だけを考慮するのであれば
当然、増税前に購入です。


消費税数%よりも
こちらの方がインパクトが多い場合が大半です。



世間に流されて判断をあせらない方がよいですね。



節税相談、経営者の資産運用のご相談は
京都の中田税理士事務所まで


0120-776-795(携帯・PHSも可)
Emailはinfo@act-dodo.comまで


お問合せはこちらからも可能です。


お金を残す対策を書いています。

『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』
(毎週水曜朝7時配信)


2012.07.30更新

会社を設立して
初めて人を雇用するという方もいると思います。


今日は雇用時の注意点について。


政府管掌の社会保険、労働保険に加入することを
前提条件として金額を計算してみます。



概算ですが
年収300万円(25歳)の方を雇用した場合


給与をもらう側は保険料や税金を控除されて
手取りは230万円ほどになります。


対して、支払う側は


雇用側が負担する保険料を加算して
合計340万円ほどを支払うことになります。


もらう立場と支払う立場では
100万円以上の差が生じます。


初めて支払う側の立場になるときは
注意してください。



また、雇用の際に
助成金の受給を検討されている方は


雇用の入口である採用の時点から
要件を満たしておく必要があります。


助成金を受けようとする場合は
必ず事前に検討しましょう。


採用してから助成金を受けようでは遅いのです。



以下の資料を弊社HPよりダウンロードできます。
会社設立をお考えの方は事前にご一読ください。


『会社を設立する前におさえておくべき13ヶ条』
    ~知らずに損は自己責任~



会社設立Q&Aまとめ記事へ戻る


関西(京都・大阪・兵庫・滋賀・奈良)最安値の会社設立は
中田俊税理士事務所まで



TEL:0120-776-795
Mail:info@act-dodo.com


会社設立ページはこちら
※会社設立の相談は無料で行っております。


2012.07.28更新




WEB営業戦略をテーマに勉強会を開催しました。


○HPとSNSの連携やWEB広告の効果

○情報発信について気をつけておきたいこと

○WEBとリアルの合わせ方


WEBで実際集客できるのか?といったざっくばらんな質問まで
面白い勉強会となりました。


暑い中、お越しいただきありがとうございます。


京町屋でビジネス勉強会の
フェイスブックページはこちら


2012.07.27更新

ビジネスの多くは同一業務の繰り返し。


同じ業務なら少しでも時間を短縮し
生産性を上げる努力をすべきです。


今日のテーマは「現金取引をなくす」


もちろん飲食業などの
現金商売をなくすという意味ではありません。


減らすのは現金を支払う取引です。


残念ながら今の日本は
現金取引の際に受け取る領収書などが定型化されていません。


そのため、どうしても現金支払が多くなると


帳簿作成や経費精算、データ入力と
付随する業務がもれなく付いてきます。


すると人件費や外部委託費が増加し
利益を減らします。


カードを利用すれば


カード会社の明細をダウンロードし
会計データへ直接移動できるプログラムを組めば


もれなくついてくる業務の大半はなくなります。


習慣を変えるにはエネルギーが必要ですが


一度変えれば、その後の利益が見えているわけですから
試す価値は十分です。


その他の業務削減の記事はこちら



中小企業の簡単にできる経理効率化は
京都の中田税理士事務所 まで

0120-776-795(携帯/PHSも可)
Emailはinfo@act-dodo.com まで


お問合せはこちらからも可能です。


ブログより3.2倍突っ込んで書いています。
面白社長と提案型税理士の掛け合いメルマガ

『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』
(毎週水曜朝7時配信)



2012.07.26更新

昨日の日経新聞に二次相続の話題が載っていましたね。


このブログでもお金を残す対策を考える際は


毎年の収入(フロー)と貯蓄されていく財産(ストック)について
考えましょうと書いています。



相続対策はその最後の対策と言えます。


二次相続とは、さらにその後。
財産を取得した配偶者についての相続をいいます。


なぜ、二次相続というかというと
本人の相続を一次相続。


配偶者は概ね本人と同世代ですから
すぐにまた相続がやってきます。


だから二次相続なんですね。


相続対策を考える際は
一次と二次を両方考慮に入れないと意味がありません。


一次で配偶者にたくさん財産を残して税負担を軽減し
二次でその子供に財産が移る際にもっと税負担する。


これでは意味がありません。


もちろん相続対策は
税負担だけを考えて行うものではありません。


色々な要因がかかわってきます。


今日は長くなってきたのでここまでにしますが


特に経営者は会社の株式や会社との金銭のやり取り
事業承継の問題など


複雑な案件になりますので
元気なうちにしっかり検討しておくべき課題です。


誰でもいつかは起こるのが相続。
対策なしに起こって困るのは、配偶者やお子さんです。


社長が元気なうちに
相続対策を考える




節税相談、経営者の資産運用のご相談は
京都の中田税理士事務所 まで



TEL:0120-776-795(携帯・PHSからも可)
Emailはinfo@act-dodo.comまで


お問合せはこちらからも可能です。



ブログより3.2倍突っ込んで書いています。
面白社長と提案型税理士の掛け合いメルマガ


『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』
(毎週水曜朝7時配信)



2012.07.25更新

2012年5月30日配信 『もしブレ』VOL.13


内容は配信時点での法律を基にしておりますので
ご注意ください。



↓『もしブレ』スタート↓


質問・ご相談はお気軽に中田税理士事務所まで

0120-776-795(携帯・PHSからも可)
メールはinfo@act-dodo.comまで

メルマガを見たとご連絡ください。

―――――――――――――――――――――――――――――

「もし中小企業の経営者が
   優秀なブレーンを横に置いたら」

『もしブレ』スタートです^^ 毎週水曜朝7時配信

―――――――――――――――――――――――――――――


おはようございます。
提案型税理士の中田です。


暑くなってきましたね。
こちら関西は節電が気になります。


今週は経営者の設計図をテーマに書いていきます。
それでは早速内容に入りましょう。


―――――――――――――――――――――――――――――

「もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら」
『もしブレ』vol.13

【目次】

1、経営者の設計図
2、編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――
----------------------------------------------------------

1、経営者の設計図

----------------------------------------------------------

社長!おはようございます。


社長
「おはよう」


今日は社長の資産設計に関する
打ち合わせに来ました。


紙面が限られていますので
単刀直入にいきますね。


経営者の資産設計、運用について
必ず考えておかなければいけないことがあります。


それは事業の承継問題。


社長
「うちも跡取りがなぁ・・」


後継者問題は
事業承継の重要な問題ですね。


もう1つ大きな問題があります。


社長
「なに?」


事業の資産の承継です。
特に会社の株式は極めて重要です。


中小企業の場合
経営者=大株主という会社が大半です。


その際、

1、株式を譲り渡す相手
2、譲り渡す価格

この2つが問題になります。


1、相手に関しては


「譲る相手がいない」
「相続で取得する場合、争いになると会社の意思決定不全に陥る」


といった問題があります。


2、価格については・・


社長
「うちの株にも値段があるの?」


もちろんです。


上場会社のように頻繁に取引はされませんが
価格は同じようにあります。


その価格によって譲り受ける側に多額の資金が必要な場合や
相続であれば、多額の相続税を負担する場合もあります。


大きなお金が動きますので


株の値段を把握し、適切な手段を講じるのは
経営者の資産設計においてとても重要なポイントです。


社長
「一番、出口から考えるということだね」


社長、今週は寝ないうえに
ずいぶん真面目ですね(笑)


----------------------------------------------------------

2、編集後記

----------------------------------------------------------

先日、大手銀行が15年ぶり、18年ぶりに法人税を支払ったという
ニュースが流れていましたね。


バブル崩壊による不良債権による欠損金との相殺により
これまで長らく税負担をしていませんでした。


基本的に銀行は、税の滞納はもちろんですが
税負担をしていない会社に冷たいものです・・


このニュースを見て


融資をする姿勢と
納税できていなかったことは


別問題とわかりつつも
違和感を感じるのは自分だけでしょうか。


☆★☆----------------------------------------------------------------------

中田俊税理士事務所 
税理士 中田俊

〒600-8863
京都市下京区七条御所ノ内本町94
ブランズ京都西大路1004

HP: http://www.act-dodo.com/ 
TEL 0120-776-795  FAX 075-320-2039


個別のご質問・ご相談は
E-Mail:info@act-dodo.comまで

※セカンドオピニオン、ネット顧問制度も行っております。

----------------------------------------------------------------------☆★☆



もしブレの最新号を読みたい方は

↓↓↓よりご登録ください。


『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』



2012.07.25更新



毎月第2、4土曜日の朝10時から12時まで開催している
京町屋でビジネス勉強会。


28日(土)のテーマは
『WEBを使った営業戦略』です。



○HP とソーシャルメディアの連携について


○『いきなり問合せ』と『見込み客を育てる』の
  HPに持たせる目的と手段の違いについて


○SEO 対策とソーシャルメディアの有効な使い分けについて


なんとなくHPも持ってるし、ソーシャルメディアも使ってる。
でも効果と言われると・・・


そんな方はご参加ください。


様々な業種が集まり
実際どんな風に使っているのかをシェアします。



----開催概要----


日時:7月28日朝10時から12時

場所:いつもの士心です。
京都市中京区衣棚通押小路上る上妙覚寺町230番地1

参加費:1,000円(ドリンク1杯付き)



初めてのご参加も歓迎です。
お茶しながらビジネスを学ぶ楽しい勉強会です。


勉強会への申し込みは

こちらのフェイスブックページへ
一言参加コメントを入れてください。


フェイスブックをされていない方は


こちらのブログ記事にコメントいただくか
お電話でご連絡(075-874-7295)頂いても大丈夫です。

2012.07.24更新

起業をすれば知名度がゼロ
または極めて低い状態から


事業の存在を知ってもらい
商品・サービスの購入や来店につなげなくてはいけません。


いかに効率よく知ってもらい
その後、つながりを維持していくかは


事業で利益を生むうえでとても大切。


起業の相談を受けた時には
必ずSNSの有効利用を薦めています。


事業の存在を認知してもらい
その後のつながりを維持するツール
として


WEB、特にSNSはとても力を発揮します。


大手企業のような資金力のない
中小企業にとって


無料、安価で使えるSNSは強い味方です。


ブログやFacebook、Twitter、mixiなど
どのような目的で利用するのか


事業の戦略のひとつとして
検討してください。


広告からアフタフォローまでの費用が
ずいぶん変わってきます。



以下の資料を弊社HPよりダウンロードできます。
起業をお考えの方は事前にご一読ください。


最低限おさえておきたい項目を書いています。

『事業を始める前におさえておくべき19ヶ条』
~知らずに損は自己責任~



起業創業Q&Aまとめ記事へ戻る


起業、創業、開業に関するご相談は
京都の中田俊税理士事務所まで 



※起業時の事業計画相談は無料で行っております。
起業家向けのページはこちら


2012.07.23更新




何から何まで1人でこなさないといけない
忙しいオーナー店長のために


顧客管理、売上管理、会計データを一括で出来る
システムを導入してきました。


中小企業の場合


大規模なシステムは導入できませんので
安価でぱっと見て使えることを意識して作成しています。


こちらの記事 にも書いたように


1度の入力で、全てに活用」が
時間とコストを考えると理想です。


紙からデータへの入力作業や
EXCELから会計ソフトなど異なるシステムへのデータ入力は


余計な時間とコストを生みます。


毎月繰り返す定型の作業は
PCに任せられることが多いので検討してみてください。


事業にお金と、時間を創り出します。


今回導入のケースでは
時間にして毎月最低5、6時間は削減できそうです。


店長の時給に換算してみても
投資効果は十分と喜んでいただきました。



中小企業の簡単にできる経理効率化は
京都の中田税理士事務所まで

0120-776-795(携帯/PHSからも可)
Emailはinfo@act-dodo.com まで


お問合せはこちらからも可能です。



ブログより3.2倍突っ込んで書いています。
面白社長と提案型税理士の掛け合いメルマガ

『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』
(毎週水曜朝7時配信)



2012.07.20更新

2012年5月23日配信 『もしブレ』VOL.12


内容は配信時点での法律を基にしておりますので
ご注意ください。



↓『もしブレ』スタート↓


質問・ご相談はお気軽に中田税理士事務所まで

0120-776-795(携帯・PHSからも可)
メールはinfo@act-dodo.comまで

メルマガを見たとご連絡ください。

―――――――――――――――――――――――――――――

「もし中小企業の経営者が
   優秀なブレーンを横に置いたら」

『もしブレ』スタートです^^ 毎週水曜朝7時配信

―――――――――――――――――――――――――――――


おはようございます。
提案型税理士の中田です。

3週に渡って配信してきました「課税のタイミング」シリーズ。
最終週は「税率差を意識する」です。


―――――――――――――――――――――――――――――

「もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら」
『もしブレ』vol.12

【目次】

1、税率差を意識する
2、編集後記

―――――――――――――――――――――――――――――
----------------------------------------------------------

1、税率差を意識する

----------------------------------------------------------

社長、おはようございます。


今週は税率差についてお伝えしますね。
世の中にはたくさんの税金が存在します。


社長はどんな税金をご存知ですか?


社長
「消費税に法人税、所得税。
  固定資産税なんかもあるね。」


そうですね。
他にもたくさんあるんですよ。


今日は税金の名前の話では
ありませんのでこの辺にして本題に入ります。


税金には
消費税のように5%と税率が固定されているものと


所得税や法人税のように
利益が大きくなるにつれて税率が上がっていくものがあります。


所得税は6段階。
法人税は2段階。(中小企業で一定の要件を満たす場合)


他にも色々とありますが


共通しているのは
利益が大きければ負担する税率が上がるということです。


会社を例に考えてみましょう。
※税額は概算です。


≪例1≫

1年目利益 2,000万円
2年目利益  400万円

この場合、法人税の額は486万円


≪例2≫

1年目利益 1,200万円
2年目利益 1,200万円

この場合、法人税の額は444万円


2年合計の利益の額は2,400万円で同じでも
税金の負担額は42万円差が出ています。


法人税は800万円をラインに税率が
変わるためこのような違いが生じます。


同じ課税を受けるのであれば


期ごとになるべく税率の低いところで
課税を受ける方が残るお金が大きくなるということです。


今回は法人税だけで計算しましたが


実際には会社の場合は法人県民税、市民税なども
課税されますのでこちらにも影響してきます。


更に言うと


会社で出た利益を経営者に分配しますので
経営者個人の所得税率も考慮します。


所得税は6段階ですので
もう少し話がややこしくなります。


社長
「ちーん。ぼんっ!!」


社長の頭がオーバーヒートしましたので
今日はこのへんにしましょう(笑)


会社と個人、両方を意識して
利益(所得)を出すタイミングを検討しましょう。


社長
「ちーん」

----------------------------------------------------------

2、編集後記

----------------------------------------------------------

3週にわたってお伝えした課税のタイミングシリーズ。
いかがでしたでしょうか。


「ここは知らなかった」「ここがよくわからない」など
感想を頂けると大変嬉しいです。


直接このメールにご返信ください。
税金のルールは毎年変わるのですが基本の枠組みは同じです。


実は、お金をなるべく残すには


中学生の頃に習った5W1Hをもとに
設計図をきっちりつくっておくことが大切なんです。


今回のシリーズはWhen(いつ)をテーマに作りました。
残りもまた書きたいと思います。


☆★☆----------------------------------------------------------------------

中田俊税理士事務所 
税理士 中田俊

〒600-8863
京都市下京区七条御所ノ内本町94
ブランズ京都西大路1004
TEL 0120-776-795  FAX 075-320-2039

個別のご質問・ご相談は
E-Mail:info@act-dodo.comまで

※セカンドオピニオン、ネット顧問制度も行っております。

----------------------------------------------------------------------☆★☆



もしブレの最新号を読みたい方は
↓↓↓よりご登録ください。


『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』



前へ
京都安心相続専門税理士 あなたの頼れるパートナー中田俊 Facebookセミナーについてはこちらで更新しています
MAIL TEL:0120-776-795
夢と業績をつなげる経営者精神とは?資料請求
無料メールマガジンはこちらから
求人情報