2013.04.27更新

会社であれ、個人事業主であれ
年に一度決算書を作成します。


金融機関は、この決算書をもとに
あなたのビジネスを格付けします。


金融機関によって多少のズレはあるそうですが
基本的に期末から5ヶ月以内に格付けが行われます。


この格付けによるランクをもとに
1年間の融資姿勢が決まるわけです。


逆を言うと


一度格付けが決まれば
1年間は大きく融資姿勢を変えられないということです。



どういった決算書を作り上げていくのか
経営者の資質が問われます。


資金調達、融資、事業計画、決算書診断などのご相談は
京都の中田税理士事務所まで


0120-776-795(携帯/PHSも可)

Emailはinfo@act-dodo.comまで 

お問合せはこちらからも可能です。


お金が残る人には訳がある!
お金を残すための無料メルマガ

『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』
(毎週水曜朝7時配信)




ブログのお気に入り登録は↓↓↓

2013.04.15更新

「事業を始める器として会社を設立したい」
こういった相談を受けます。


会社を設立すれば、開業届を出せば


すぐに事業をスタートできるかというと
必ずしもそういうわけではありません。


行政の許可や認可が必要な事業があります。


ご自身のされる事業が許認可が必要なものかどうかは
必ず始める前に確認してください。



許認可の種類によっては
数ヶ月期間を要するものもあります。


すぐにスタートするつもりが
実際にスタートを切れるのが数ヵ月後・・


起業前は何かと予定外のことが起こるものですが
事業のスタートが出来ないとなると大きな問題です。


ご自身のビジネスが許認可が必要かどうか
必要ならどの程度の期間を要するのか


必ずご確認くださいね。



以下の資料を弊社HPよりダウンロードできます。
起業をお考えの方は事前にご一読ください。


最低限おさえておきたい項目を書いています。

『事業を始める前におさえておくべき19ヶ条』
~知らずに損は自己責任~



起業創業Q&Aまとめ記事へ戻る


起業、創業、開業に関するご相談は
京都の中田俊税理士事務所まで
 


※起業時の事業計画相談は無料で行っております。
起業家向けのページはこちら

2013.04.01更新

こちらのブログでも度々書いております
平成25年度の税制改正。


本日、平成25年4月1日より施行されます。
主な改正内容はこちら


法人に対する改正は
積極的な投資を後押しするものが目立ちます。


生産設備や環境に配慮した設備への投資への優遇や
支払い給与や雇用者数の増加に対する優遇が含まれています。


また、中小企業にとっては
交際費枠の拡大も影響が大きいでしょう。


来年には消費税の増税も控えていますから
使えるものは積極的に活用しましょう。


節税、経営者の資産運用のご相談は
京都の中田税理士事務所まで


0120-776-795(携帯/PHSも可)
Emailはinfo@act-dodo.comまで

お問合せはこちらからも可能です。



お金が残る人には訳がある!
お金を残すための無料メルマガ

『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』
(毎週水曜朝7時配信)





ブログのお気に入り登録は↓↓↓
京都安心相続専門税理士 あなたの頼れるパートナー中田俊 Facebookセミナーについてはこちらで更新しています
MAIL TEL:0120-776-795
夢と業績をつなげる経営者精神とは?資料請求
無料メールマガジンはこちらから
求人情報