2013.10.10更新

本日は創業や事業転換に伴う
資金調達についてお伝えします。


認定支援機関と日本政策金融公庫が
一体となった融資制度です。


創業や事業転換・多角化にあたり


認定支援機関が事業計画の作成をサポートし
公庫と共に事業者をサポートする制度です。


これまでの創業融資と違う点として


○事業計画を認定支援機関と共に作ること
○その後、定期的に事業進捗を報告すること
通常の創業融資と比べてかなり低い金利で調達が可能


などが挙げられます。


信用のない創業時に低い金利で調達できるのは
事業者にとってとてもありがたい制度です。


創業時に資金調達をお考えの方は
検討の価値が十分ある制度です。


弊社も認定支援機関に登録されておりますので
詳しい内容はお気軽にお問合せください。



以下の資料を弊社HPよりダウンロードできます。
起業をお考えの方は事前にご一読ください。


最低限おさえておきたい項目を書いています。

『事業を始める前におさえておくべき19ヶ条』
~知らずに損は自己責任~



起業創業Q&Aまとめ記事へ戻る


起業、創業、開業に関するご相談は
京都の中田俊税理士事務所まで 


※起業時の事業計画相談は無料で行っております。
起業家向けのページはこちら



ブログのお気に入り登録は↓↓↓
京都安心相続専門税理士 あなたの頼れるパートナー中田俊 Facebookセミナーについてはこちらで更新しています
MAIL TEL:0120-776-795
夢と業績をつなげる経営者精神とは?資料請求
無料メールマガジンはこちらから
求人情報