2012.11.27更新

CRM(顧客管理)システムの
セミナーを受講してきました。


有名なシステムでは


大塚商会のSMILEシステムや
Salesforce(セールスフォース・ドットコム)
顧客創造日報シリーズなど


シェアとしては乱立状態のようです。


社内で複数のメーカーのシステムを使うと


システム間の連動が効かず
時間と労力の無駄につながります。


これではせっかくのデータ管理も
効力半減になってしまいますね。


ただ、システムが違うものは
今さらどうにもできません。


全てを同じメーカーでできれば理想ですが
なかなかそうもいきませんので


間をつなぐプログラムをつくり
データの連動をスムーズに行いたいところです。



弊社でも銀行データや顧客管理システムEXCELデータなどと
会計システムをつなぐプログラムを作っていますが


一度、データが連動すると
その後の業務は大幅に効率化されます。


なんとかならないかなぁと思っているシステム同士は
つないで効率化しましょう。



中小企業の簡単にできる経理効率、IT化は
京都の中田税理士事務所まで


0120-776-795(携帯・PHSも可)
Emailはinfo@act-dodo.comまで

お問合せはこちらからも可能です。



お金が残る人には訳がある!
お金を残すための無料メルマガ

『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』
(毎週水曜朝7時配信)





ブログのお気に入り登録は↓↓↓

2012.11.14更新

事業を行ううえで
様々なデータや数字を把握・管理する必要が生じます。


販売管理や顧客管理、給与などのソフトを使う方や
EXCELなどで応用する方もいます。


そして多くの方は最終的に申告が必要なため
会計ソフトを利用されます。


会計ソフトとその他のソフト間で


データの連携ができないケースが多いため
会計ソフトには別途、手入力という方がとても多い。


税理士を巻き込んで


ソフト間を連動するシステムを導入すれば
無駄な時間とコストが削減できます。


なぜ税理士を巻き込むかというと


連動するシステムには
税務上の情報も加味しておく必要があることと


会計データの監査(チェック)に
税理士も関わるためです。


最終のゴールまで見据えた
業務効率化を目指しましょう。



中小企業の簡単にできる経理効率、IT化は
京都の中田税理士事務所まで


0120-776-795(携帯・PHSも可)
Emailはinfo@act-dodo.comまで 
 
お問合せはこちらからも可能です。


お金が残る人には訳がある!
お金を残すための無料メルマガ

『もし中小企業の経営者が優秀なブレーンを横に置いたら』
(毎週水曜朝7時配信)




ブログのお気に入り登録は↓↓↓
京都安心相続専門税理士 あなたの頼れるパートナー中田俊 Facebookセミナーについてはこちらで更新しています
MAIL TEL:0120-776-795
夢と業績をつなげる経営者精神とは?資料請求
無料メールマガジンはこちらから
求人情報